ジャパン・ディグニティ

e0151266_06161972.jpeg
正直、最初のうちは引っ張られるものが私の中に無かった。
通訳無しの津軽弁は外国語か!ってくらい分からなくて。
でも不思議、100%は無理だけど30%くらいは雰囲気が伝わってきて、
後半は、ぐしぐし入ってくる。最後のあたりは涙。
題名の意味も涙が出てくる辺りでやっと納得。
遅いわって作者に叱られるかな?
高森美由紀さん(作者)好きだなぁ。「派遣社員」って肩書きも含めて。

[PR]
トラックバックURL : https://witchshome.exblog.jp/tb/27322291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kimagure-dog at 2018-06-13 23:32
こんばんは
日本語なのに通訳がいるの? 笑
方言って味があっていいけど、難しいですね。
気になる本やなぁ~
Commented by kuuzaemonn at 2018-06-14 08:08
witchちゃん おはよー♪

へぇー
ちょっと調べてみるね
なかなか 本読む時間がないけど 気になる本は読んで見たい
方言てね えぇね(*^ω^*)

Commented by cool-witch at 2018-06-14 13:33
*めぐママさん
同じ市内でも、分からない(使わない)言葉があり、
同じ地域でも、年代により使う使わないが分かれる言葉もありますね。
ニッポンゴ ワカラナイ!
Commented by cool-witch at 2018-06-14 13:39
*kuuzaemonnちゃん
東北の方たちは普通に喋ってるんでしょうけれど、
ちんぷんかんぷんで「今、なんつった?」と聞き返さなければさっぱり。
で、聞き返しても…。

最近、本を持った途端よく眠れるようになりました。
睡眠導入剤不要。
by cool-witch | 2018-06-10 06:14 | 本・映画 | Trackback | Comments(4)