春、H∧L、寝る

e0151266_7362944.jpg

3月も中旬。なれど寒さは残ってる。

なので、H∧Lは炬燵の中。
             
[PR]
# by cool-witch | 2017-03-16 07:36 | Comments(0)

如何にせよとのこの頃か

e0151266_6151829.jpg

いやほんま、どうしたらえぇの?
と戸惑う気温の上下。
セーター着て歩いてると暑いって日の翌日が、
ネックウォーマー着けて厚手のコートを探す日だったり、
そのまた二日後は窓を開けてて平気な気温だったり。
もうね、きっぱりお別れしましょうよ。
優柔不断は、嫌いよ私。

そうそう、この間ラジオのアナウンサーさん
「明日は雨か雪、または雪か雨」と言ってたけど、違いがわからん。

             
[PR]
# by cool-witch | 2017-03-14 06:15 | Comments(4)

e0151266_10491229.jpg
起きた時のみぞれが、雪になり

e0151266_10513418.jpg
見る間に辺りは白色。

e0151266_10522182.jpg
薄桃色の梅の花も、白い衣装。

もうね、勘弁してほしい、寒さの在庫一掃や店仕舞いセール。
気持ちは、もう春なんです。

[PR]
# by cool-witch | 2017-03-08 10:59 | 季節 | Comments(6)

春の壁

e0151266_1327989.jpg

e0151266_13271012.jpg

e0151266_13271090.jpg

e0151266_13271021.jpg
黄色の濃淡の壁を何とか…と思い、
菜の花を咲かせてみました。
蝶々も飛ばして。
春の壁。

休園となった幼稚園を、地域の人に開放。
週に一度、お茶とお菓子で話の花も咲かせます。


             
[PR]
# by cool-witch | 2017-03-06 13:27 | ん! | Comments(4)

残念、別腹が開かない

e0151266_18581089.jpg

e0151266_18581011.jpg
紫雲出山の帰りは、カフェクヌート(cafe KNUT)でお昼。
私は、ドライカレーセット、娘は鉄板ナポリタンセット。
カフェなので「デザートもよろしければ」と勧めてくれたのだけれど、
この日に限って別腹が開かなかったのです。
あ、いやいや普段から小食なのでした。

香川の昼はうどんとは限らないのです。



             
[PR]
# by cool-witch | 2017-03-05 19:07 | 食べたよ | Comments(2)

ドライブ日和

e0151266_12263225.jpg

e0151266_12263290.jpg

e0151266_12263274.jpg

紫雲出山(香川)の下見。
桜の頃に実家の母と来ようかな、と思いまして。
母の外出は車椅子が必要。
ユニバーサルな観光地は少ないので、
楽しみに出掛けてもガッカリが多い。
なのでの下見。

風は冷たいけれど日差しは柔らかい。
駐車して頂上へ徒歩7分。しかも急な坂。
ひぃひぃ言いながら頂上にたどり着いてみると、
「あん?車が停まってる」
反対側の登山道はてっぺんまで車で来られるぅ!
しかし、展望台へは石畳の道。
これまた、車椅子拒否やね。
木の芽は膨らんで、花の時期は華やかだろうな。
             
[PR]
# by cool-witch | 2017-03-03 12:26 | Comments(6)

どこまで来てる?

e0151266_188466.jpg

春の赤ちゃんと、ちょっとお姉さん。
スナップエンドウの姉妹です。

もし、春がどこかで足踏みしてたら、
背中を押して下さい。
今日も霜の朝でした。
寒かった。
            
[PR]
# by cool-witch | 2017-02-28 18:08 | Comments(4)

食べたでしょ

e0151266_70548.jpg

e0151266_70679.jpg

e0151266_70669.jpg

このかた、食べたことを忘れる特技あり。
夕方の散歩から帰ると、一目散に「お母さ〜ん、帰ったよ」
なんてことはなく、食器に向かう。

そして、人間の夕食前に、
「お母さ〜ん、何かくれよ」
「H∧Lはもう食べたでしょ」と言い聞かせてもダメ。
脅したり甘えたり、あの手この手を駆使。
結局、3枚目のまなこに負けるお母さん。
ほんとは、高齢のあなたはもう少し少な目の量でいいんだけどなぁ。
             
[PR]
# by cool-witch | 2017-02-24 07:00 | | Comments(2)

気まぐれお天気

e0151266_6243374.jpg

e0151266_624344.jpg

e0151266_6243456.jpg

1枚目は、一昨日の青空。
2、3枚目は昨日の朝。
飛行機雲が、青空にシャープペンシルで線を引いたと思っていたら、
直ぐにクレパスで描いたように広がり、
昼過ぎには、一面灰色に塗り替えられた。
昨夜は嵐のような風と一緒に雨。

気温も、暖かいと思えば、襟をきゅっと詰めたくなる冷たい風が吹く。
春先のお天気には振り回される。
三寒四温どころじゃなく、時間でコロコロ変わる。

こんなときは体調管理が大事ですね。

             
[PR]
# by cool-witch | 2017-02-23 06:24 | Comments(4)

e0151266_10341163.jpg
当地の粗大ごみは、お役所に電話して「取りに来てください」依頼をしなくてはなりませぬ。
電話嫌いの私(夫婦で嫌いなので、二人だけの時にかかってくる電話はひどく待たされます)が、
思い切ってモシモシしました。
ー粗大ごみの収集をお願いできますかぁー
「はいはい、住所はどちらになりますかねぇ」
ー地球の〇〇番地の〇ですー
「そちらの地域に伺えるのは来週の水曜です」
(良かった!何か月も待たされるんだと覚悟してた)
「で、ですね。何を出されますか?」
ーあ、はい。オレンジさんとブルーさん、それからプランターがいくつかと…ー
「わかりましたぁ。じゃあですね、その自転車は防犯登録を解除してもらってください。
警察に電話すれば出来ますからね」
これで、お役所への電話は終了。
が、しか~し、これからなのですよ。
ーあ、もしもし、自転車の防犯登録の解除をお願いしたいのですがー
「はい、電話回しますね」(来たな、内線であっちへやりこっちへやり、が)
「変わりました。それはですね生活安全課の担当なのですが、今席を外してまして。
ちなみに、その自転車の色は?…
ここから、こちらの住所、姓名、電話番号と聞かれまして
「それでは担当が戻りましたら、こちらから電話します」
それから、しばらくトイレへも行かず(何しろトドは絶対取ってくれませんからね、電話)
待って待って、やっと
「生活安全課のお姉さんです(もちろん、ここは名前です)。
じゃあ、登録番号を」
ーオレンジさんは●の〇〇〇(県外の番号)、ブルーさんは▲の○〇〇(これまた県外)ですー
「あ、県外なんですねぇ。もしかするとこちらで解除が出来ないかもしれません。
が、とりあえずお聞きして調べますね。車体番号というのがあるのでその番号と…」
言われたことを戸外に出て調べてくる私。もうこのあたりで面倒くさがってる。
(改めて電話をかけなおし、報告)
子どもが県外に居た頃に使ってた自転車、まだ乗れるからと持ち帰るんじゃなかった。
またまた、当時の住所(記憶からバッサリ消えてる)、使っていた子どもの名前と生年月日。
ついでに(ではないんだろうけど)私の姓名(漢字も)と生年月日(地球年で答えた)。
「では、こちらで解除できるかどうか調べて折り返しますねぇ」

結果
「出来ました」
ふぅ~っ、もうこれからは粗大ごみは山に捨ててやる。
と、思うだろうね。もっと簡素化しなさいよ、不法投棄を減らしたいのなら。
それと、電話は、次の世紀までかけない。



             
[PR]
# by cool-witch | 2017-02-10 10:34 | んもうっ! | Comments(8)