<   2015年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大三元

e0151266_924066.jpg

一昨日は、八十八ヶ所でどえりゃあ疲れて帰ったので、
昨日の朝は食欲なし。
でも、息子に「温かい蕎麦」を所望され、食べるのを見てたら欲しくなった。

にゅうめん(白)に梅干し(赤)ネギ(緑)で、
「大三元」
すんまへん
[PR]
by cool-witch | 2015-09-28 09:24 | Comments(4)

八十八ヶ所2

2巡目八十八か所
今回は、霧に包まれた焼山寺(十二番)からです。
「遍路ころがし」と言われた難所にあるお寺ですが、
もちろん、修行の足りない私どもは車で登らせていただきます。
e0151266_1014451.jpg

                  ≪焼山寺山門≫
6時に家を出て、駐車場着が9時前。
歩きじゃないので、参道整備費として300円の出費は仕方ない。

焼山寺を降りると暫くは町の中のお寺が続き、
二十番鶴林寺は、また山の上。
お参りが終わって、さて、と石段を降りようとしたところへ、
「スミマセン、チョト、教エテクダサイ」と女のひと。
聞くと、次のお寺まではどれくらいあるか、「私はso tired」
車なので一緒にとなり、一人で歩き遍路をされていたタイ生まれフランス国籍の方と同行することになりました。

e0151266_10144598.jpg

                  ≪ロープウェイから那賀町を見下ろす≫
次は太龍寺、歩くと30分をロープウェイにお願いしてシュイ~と運んでもらいます。
外国の方はパスポートを見せることで半額。
私たちは生憎パスポートを持ち歩いてないので、往復2470円/人を払いましたの。
持ってたって「ふ~ん日本人じゃん」で終わりますけどね、いくら日本人離れしてる顔でも。
ま、われわれはしっかり日本人の顔してますが、何か?
彼女は、疲れたのでホテルを探したい、と言うので、
この日最後としていた平等寺近くで探すことにしました。
が、聞くと素泊まりで4500円とか二食付きで6500円てな所ばかり。
がっかりしてホテルを出たところに、先にホテルの場所を教えてくれたおばあさんが、
もの言いたげに待っていてくれ「お布団が置いてあるだけの所でよければ」と違う場所を教えてくれ、
探し出すと、うわさに聞いてた「善根宿」発見。
歩き遍路の人のためにあるとは聞いていたけれど、今回が初の発見。
「いやぁ、未だまだ捨てたもんじゃないねぇ、日本人」と妙に感激してしまった。

時間も遅くなったので、フランスの方(フランス人と結婚したらしく、ご主人は11月に来日するらしい)とサヨナラ。
彼女、タイ語を10としたら英語は3くらい、フランス語なら7くらいかな?
こちとら、自慢じゃないが母国語を愛するあまり、習った英語は学校に置いてきたし、
あのころ習った英語は「でぃす いず あ ぺん」とか「いず でぃす あ ぺん?」 
なんておよそ生活に役に立たなそうなことばかりじゃもんね。

そして、そんな私たち、メールアドレスはこうかんしたのじゃが、名前もお互い聞かずにサヨナラ。
メールもおフランス語で来たら、ど、どうすんのよ?!
[PR]
by cool-witch | 2015-09-27 10:14 | Comments(4)

秋のお城…

e0151266_1091510.jpg

昨年に続いて「高知秋のお城まつり」へ

e0151266_1091526.jpg

神楽好きなトドと『高知城・秋の夜のお城まつり』土佐神楽と石見神楽の競演を観ましたぞ。
先ずは18時開演の津野山古式神楽を観るために、未だ暑い5時前からえっちらおっちら。
二の丸を目指します。
汗にまみれて着いた二の丸。やれうれしや、ビールの文字。
ナッツとギネスの黒を購入して舞台に近い席を確保。

全部演じると8時間になるという「津野山神楽」の一部が舞われ、
上の写真は「大蛮(だいばん)」怖い鬼のはずが、ちょっと親しみさえ覚えるお面です。
途中で、その年に生まれた子どもを抱いて舞い、無病息災を祈られるのですが、
昨夜の舞台に上がったのは二人。
泣くかと思えば、ふわりふわりと上下左右に揺られるのが気持ちいいのか、度胸がいいのか二人とも終始キョトンとしてみたり笑ってみたり。
でも、舞台に上がる前の様子は…
e0151266_1091559.jpg

いきなり、普段と違う場所、人達に囲まれ、ぎゅっとお父さんの袖をつかんで離さない。

この前に観客席に居た2歳ぐらいの子どもは、大蛮さん(?)と視線が合っただけで尻込み。
お約束の「おいでおいで」についには大泣き。
【その年に生まれた】子どもならねばの舞台なんでしょうね。

ああ面白かった!
来年は、休みを確保して泊りで来る、とトド。
何しろ、ビールや日本酒、焼酎を抱えて観ている人ばかりでしたからね(推して知るべし)
[PR]
by cool-witch | 2015-09-21 10:09 | Comments(10)

二巡目

e0151266_14231717.jpg

思い立ったが吉日、八十八か所巡り二巡目を開始することに。
残念ながら、善男善女で無い故なのか、雨。
歩きでは無く車での遍路だから、と前回は買ってなかった菅笠を購入。
ビニールで覆ってあって(晴れてる時は外せる)、雨の中でも大丈夫。
但し、強い雨の時は広い背中〈…って誰が言った?)が濡れてしまうのでアンブレラも併用。

十一番札所まで回ることが出来たけれど、
ちょっと坂道を登るだけでひぃひぃはぁはぁ。
たしか、この辺りまでは難所は無かったはず。
こんなことでは先行き危ぶまれる。足腰鍛えねば。
それにしても歩き遍路の方々の足取りの軽いこと。
一番で一緒になった方は「シドニーから」なんですと(あ、もちろんシドニーからは歩いてはないだろうけど)。
結願のころには新しい私になれてますように。

e0151266_14231756.jpg

                               【 イワシャジン 】

     *お昼に食べたきつねうどん、「小」で500円!いつも行ってる香川のおうどんやさんは「大」でも          280円で、天麩羅をプラスしても390円だよ。…って未だまだ心が洗われておりませぬ。お大師さ          まお許しを。
[PR]
by cool-witch | 2015-09-18 14:23 | Comments(2)

秋色

すっかり秋の空。
せめてこんな青空が被災地に届いてるといいな。
e0151266_1154413.jpg


水の色も…。
e0151266_115446.jpg

[PR]
by cool-witch | 2015-09-13 11:05 | Comments(0)

お見舞い申し上げます

e0151266_856437.jpg

大変な雨ですね。

いろいろな被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。


ひとつ:テレビで繰り返し上空からの映像が流されました。
       それを「高みの見物」で観ている自分。
     この映像を撮ってる人が載っているヘリは救助の邪魔になっていないのだろうか。
      そして、「こういった川の曲がっているところでは氾濫が起きやすい」などというコメント。
         起こった後なら、私でも言える。
[PR]
by cool-witch | 2015-09-11 08:56 | Comments(5)

ゲージツの秋 続

e0151266_9163316.jpg

あーるぬーぼー
[PR]
by cool-witch | 2015-09-07 09:16 | Comments(5)

ゲージツの秋

現代アート2題
e0151266_1311194.jpg


e0151266_1311147.jpg


多分ゲージツ家の付けた題は…

『未来へ 橋』

か?

赤い橋は来春まで補修工事に入りました。
[PR]
by cool-witch | 2015-09-06 13:11 | みっけ! | Comments(0)

秋です…か?

e0151266_16264038.jpg

久しぶりの高松。
普段ならお昼は「うどん」

今日はこれも久しぶりな「木蘭(ムーラン)」へ。
少しも変わらぬ無口な大将の手打ちラーメン。
久しぶりだけど、やはり変わらずもやしラーメンを注文。
「冷やしラーメン」というメニューもありましたが、
少し秋を感じたこの日は、迷わず熱いラーメンを。
美味しゅうございました。
[PR]
by cool-witch | 2015-09-05 16:26 | Comments(2)

色落ち?

e0151266_10191751.jpg

「ねぇ母ちゃん、おいら ずーっとこの色やねぇ」
「そうだよ、母ちゃんもずーっとこの色さね」
「こんだけ雨が続いても色落ちしない?」
「多分ね。カラスの濡れ羽色ってのは昔から人間があこがれてる色なんだよ」
「けど、おいら、少しは違う色も試してみたいなぁ」
「なに言ってんだい、急な御呼ばれの時も礼服の代わりになっていいんだよ」

e0151266_10191792.jpg

こちらは、色落ちを心配して家の中に籠っているお犬様。
[PR]
by cool-witch | 2015-09-02 10:19 | Comments(9)